こんにちは、株式会社 聖工務店管理部です。今回は、リフォームコストダウンのリスクについてお話しします。
リフォームを行うにあたって、やはり一番気になるのがコストですね。
安く上がるに越したことは無いと思いがちですが、費用を節約する為諦めたけれど後になって後悔した〜なんて事の無いように、今日は主な失敗例をご紹介します。

洗面所のリフォームは後回しにしない

洗面所リフォームは、水周りの中でも後回しにされがちです。
キッチンや浴室に予算が大幅に取られ費用不足に陥りがちな場所です。
しかし、洗面所はパウダールーム、脱衣所、洗濯機があれば家族全員が使用する多機能スペースです。ここをコスト削減すると家族全員の暮らしにダイレクトに響くのです。特に洗濯機がある場所なだけあり、家事全般においてのリスクが発生しやすくなります。では、後悔しない為のポイントはと言いますと、パウダールーム、家事室、脱衣所として快適に使用できる事を心がけてプランしましょう。そうする事により家事が楽になったり、毎日快適に過ごせたりとすこしの差で効果が出やすい場所です。ですので、ここには、予算の確保を忘れずにしておきましょう。

でも、そこまでの予算確保が難しい!

予算が不足している時は洗面台をネットや、ホームセンターなどから自信で購入し、現場に支給する、施主支給リフォームでコストダウンする方法もあります。

床のリフォームはケチらないで!大きなリスクが発生します。

リフォームのコストダウンの為に、床材をグレードダウンすると言ったケースは少なくありません。しかし、そうする事によって部屋全体が安っぽくなった、感触がイマイチ、ワックスなど掃除の手間がかかる。水、アンモニアで染みになる、滑りやすいなどインテリア面でも機能面でも様々な面でリスクが発生しやすくなります。いい床の上で暮らすと暮らしの質も格段に上がります。リフォームする上でどこを重要かするか暮らし方により異なりますが、床には出来る限りしっかり予算を取るのが、満足度アップのポイントとなります。
又、忘れずに計画に入れておきたいのが床暖房です。
冬になると床暖房をつけておけば良かったなんて言う声を良く聞きます。
フローリングのリフォームが終わってしまうと再度工事をしないと取り付ける事ができません。なので、床暖房の機能をつけるかつけないかは、事前にキッチリと決めておきましょう。


愛知県あま市の建築一般工事・リフォーム工事なら株式会社聖工務店へ

個人の住宅から大規模な工場、部分的なリフォームから総合リフォームまで、建物に関するお困り事は聖工務店にご相談ください。

  • 愛知県あま市森三丁目14-5
  • TEL 052-414-7713
  • FAX 052-414-7719
  • 外構工事、設備工事、下水工事、給水工事、内装工事、太陽光発電システム工事(電気工事)、リフォーム
  • お問い合わせ