こんにちは。株式会社 聖工務店管理部です。
本日はベランダ、バルコニーのリフォームについてお話致します。
ベランダのリフォーム目的として修繕があります。
どうして修繕をするのか。それは「見た目と耐久性」があります。
一戸建てのベランダ、バルコニーの交換リフォームに重要になってくるのは、時期の見極めです。

スチール製の場合。

構造にもよりますが、スチール製の場合は、老朽化が進むと重量がある分、とても危険です。なので、約5年おきに塗り替えを行い、サビ止め補修など、腐食が進む前に交換リフォームを行う事をお勧めします。

床が防水加工されている場合。

この場合は、定期的な再防水リフォームが必要です。一度雨漏りすれば、費用は跳ね上がってしまいますので、メンテナンスをしておきましょう。
再防水工事の時期の目安は、10年おきくらい、と考えていいでしょう。

* 補足 マンションのベランダは、共用部分に当たりますので、防水工事は大規模修繕の際に行います。

ベランダ、バルコニーのリフォームの種類とは?
次は、主に一般的によく行われるリフォームをまとめてみました。

ベランダの防水、排水

ゲリラ豪雨や大型の台風などの以上気象が目立つ今、この防水、排水対策は必須とも言えます。床材に防水加工を施し、一度に大量の雨が降ってきてもしっかり水が流れるように斜面をつけ、被害が出ないように対策しておきましょう。

バルコニーの屋根を設置

ベランダと違い、バルコニーには、もともと屋根がついていないので、雨の日は洗濯物が干す事が出来ない等、シーンによって出来る事が限られてしまいます。その為、リフォームで屋根を取り付ける方が多く見られます。
室内に入る日射も抑える事が出来るので、より快適に過ごす事が出来ます。

サンルームの設置

通常サンルームは、庭などの地上の野外に設置する事が多いですが、ベランダ、バルコニーを利用するケースもあります。日光を十分に確保でき、雨や花粉、PM2.5など気にせず洗濯物を干せる為、便利です。このサンルームのメリットとしては、ガラス張りの開放感ある空間が出来る事によって、室内に一部屋増築したような感覚や、開放感のあるリビングを作ったような印象を持つ事が出来ます。

タイルの敷き詰め

コンクリート打ちっ放しの床ですと、少し寒々しい雰囲気ですが、タイルを敷き詰める事で暖かみを持たせる事が出来ます。比較的簡単な施工で、工事による効果が大きいのでお勧めのリフォームです。

どうでしたか。ベランダやバルコニーをリフォーム、増築される方は、是非参考にしてみて下さい。


愛知県あま市の建築一般工事・リフォーム工事なら株式会社聖工務店へ

個人の住宅から大規模な工場、部分的なリフォームから総合リフォームまで、建物に関するお困り事は聖工務店にご相談ください。

  • 愛知県あま市森三丁目14-5
  • TEL 052-414-7713
  • FAX 052-414-7719
  • 外構工事、設備工事、下水工事、給水工事、内装工事、太陽光発電システム工事(電気工事)、リフォーム
  • お問い合わせ